111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

一週間の予定(12/26~28)

いよいよ2016年もしめくくりに近づいてきました。大掃除はもう済みましたか?心もさっぱりして、新しい年を迎えられるようにデイケアへもいらしてくださいね。
来週の予定はこちらです。

(一般患者様向けプログラム)

WS000000_20161222224453d46.jpg

(シニア患者様向けプログラム)

WS000001_20161222224701929.jpg
【 2016/12/22 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

「固定観念」

みなさん、こんにちは。精神保健福祉士の田中です。
先日、東京で大雪が降ったと話題になっておりました。これからは、雪の対策もしっかりとしなければいけませんね。とりあえず、私も自家用車のタイヤをスタッドレスタイヤに代えました。

さて、いきなりですが問題です。

英語で「トラ」は「タイガー」、「ゾウ」は「エレファント」、では「カッパ」は英語で何と言うでしょう?

デイケアのプログラムに「パズルゲーム」や「大人のクイズ」といったものがあります。そこでは、少しひねった問題をまとめて作ったものを用意し、みなさんで答えを考えていく時間としています。この問題はその中の一例です。問題の流れから考えてしまうと、「カッパ」は川などに住む「河童」を連想してしまいますが、この問題の正解は「レインコート」です。答えを聞いて、「ああ。なるほど。」「それはずるい」といった感想をいただきます。また、すんなりと答えてしまう方もいて、たった一問でも盛り上がっています。答えがすぐ出る方に聞くと、「カッパはすぐに雨がっぱだと思うよ」とのことでした。この問題は、「固定観念」をなくして柔軟に考える必要のある問題です。問題の流れから、「カッパ」を生き物と捉えがちですが、固定観念をなくして、一つ一つが独立しており、全く違うものと考えることで、「雨がっぱ」という考えにつながるようです。
 少しなぞなぞに近いものがあるように感じますが、見方・感じ方の捉える方向を変えることで、いろいろな見方や感じ方ができるのだ、ということにつながっていきます。常に柔軟さは必要なようですね。
 この他にも「ナンプレ」や「スケルトン」「間違い探し」といったプリントを使ったプログラムがあります。頭を使うだけでなく、「味方の変換」「感じ方の方向転換」が必要になってきます。特にプログラムで行っているため、個人戦ではなく、周りのメンバーと相談しながらでき、楽しく過ごせる時間となっています。ただただゲームを解くだけでなく、解き方の方法を伝えたり、質問をしたりというコミュニケーションが取れるプログラムとなっています。
 「私には、できない…」とは言わず、みなさんで少しずつ解いていくことを一番としたプログラムとなっています。
 いよいよ12月に入りました。寒さも本番です。みなさんも風邪をひかれないよう、うがい手洗いなどの予防を忘れずにしてくださいね。
【 2016/12/19 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

一週間の予定(12/19~24)

皆さんこんにちは。来週は、いよいよクリスマスですね。夜暗くなればなるほどイルミネーションの輝きが増して見えるのは、心理的にも似通ったところがあるように思えます。来週もデイケアで、明るく過ごしましょう。

シニア患者様向け プログラム

WS000000_201612152054182a4.jpg


一般患者様向け プログラム

WS000001_201612191055216f2.jpg

【 2016/12/15 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

一週間の予定(12/12~17)

こんにちは。寒い日が続きますね。風邪なども流行りつつあるようなので、防寒に気をつけてお過ごしください。
来週の予定はこちらです。

シニア患者様向け プログラム

WS000000_201612092209081cd.jpg


一般患者様向け プログラム

WS000001_20161209221135cb2.jpg
【 2016/12/08 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

「心理学講座」

こんにちは。 デイケアスタッフの井上です。

朝や夕方はとても寒くなりましたね。季節の変わり目で風邪が流行っているようですが、皆さんは大丈夫でしょうか。私は先週風邪気味で、ようやく治ってきました。

 さて、今日は心理学講座を紹介させていただきます。心理学と名前のつくものはかなりたくさんありますよね。皆さんも〇〇心理学という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

デイケアの心理学講座では、たくさんある○○心理学の中のいくつかに焦点を当てて、利用者様と一緒に学んでいくというプログラムです。前回は、「認知心理学」に注目した講座をさせていただきました。私たちの“感覚”は、本当に正しいのかということをテーマに、一つの絵なのに見方によって全く違うものに見える錯視図や、先入観を取り上げたなぞなぞなど、利用者の皆様と楽しく学ぶことができました。その中の一つを紹介させていただきますね。

まず、紙と鉛筆をご用意いただいて、1円玉から500円玉までの6種類の硬貨を何も見ずに書いてみてください。そしてそれらの硬貨の大きさを測ってみると、面白いことがわかります。値段が安い硬貨のほうが、実物よりも小さく書く傾向があるんですよね。私たちの価値観がものの見え方にも影響を与えてしまうよい例ですね。

今年度初めての試みでしたが、たくさんの利用者様に参加していただきました。ありがとうございました。また、次の機会も楽しみです。

 急激な気候の変化で体調を崩されないよう、皆様もお気を付けくださいね。

                         臨床心理士 井上修一
【 2016/12/05 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

一週間の予定(12/5~10)

いよいよ12月になりましたね。ところで別称の師走(しわす)ですが、 師が走ると書きますが、お坊さんが走る 先生が走るなど 諸説あるようですが 今時は、時間の感覚も変わり、みなさん忙しい方ばかりになっているように感じます。こういう時こそ心にゆとりを欲しいものですね。
それでは、来週の予定をお知らせします。

「シニア患者様 向けプログラム」

WS000001_2016120512075299d.jpg




「一般患者様 向けプログラム」

WS000000_201612031257430b9.jpg

【 2016/12/01 】 未分類 | TB(0) | CM(0)