091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

コラージュ

こんにちは
デイケアスタッフの伊藤です

といえばみなさんは何を思い浮かべますか?
私は真っ先に『食欲の秋』が出てきてしまいます
ついつい食べ過ぎてしまうので体調管理にも気をつけていきたいですね

さて今回、ご紹介するプログラムは「コラージュ」です。

コラージュとは、雑誌や広告などから写真や絵などを切抜き、
台紙に貼って一つの作品を作るというものです。

簡単な方法で自己の内面を自ら振り返るという自己表現が可能となるので、
不安や問題点を作品を通して理解することだけではなくて、
自らが癒されるという効果もあります。

ストレスの発散、満足感、達成感を得られることだけではなく、
言葉にできることは、意識をしたり自分で気づくことができますが、
無意識的な自己に気づくことで人との信頼関係を構築するのにも役立ちます。

「何かを作る」となると抵抗を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
自分の感じたまま、思ったままに切ったり貼ったりするものです。

気軽に参加できますので、興味を持った方はぜひ参加してみてくださいね

寒くなってきましたね
風邪をひかないように暖かい格好をしてお過ごしください
【 2015/10/23 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

こんにちは。精神保健福祉士の田中です。
朝晩がめっきりと寒くなりまして、布団が恋しい季節になってきました。気付けば今年もあと3ヶ月となってしまいました。

さてさて、私はいつも「就労継続支援B型事業所エナジーファクトリー」のサービス管理責任者をやっております。直接デイケアに関わることは少ないのですが、デイケアから就労を目指し、エナジーファクトリーの利用を考えている方や、希望されている方もみえるため、施設利用についての相談や手続きのお話などをさせていただいております。

笠松クリニックのデイケア「サンシャイン」では、たくさんのプログラムを通じてリワーク支援を行っており、また相談しやすいスタッフがそろっているため、復職へのリハビリにはうってつけかもしれません。
デイケアの利用がその後のステップアップとお考えの方は、一般就労へつなげることが一番の目的だと思います。エナジーファクトリーでは、次のステップを目指している方を中心にご相談をお受けしております。

まずは、和気あいあいとした雰囲気の「サンシャイン」でリフレッシュしていただき、日中の生活リズムを整え、その後就労を目指す練習の場としてエナジーファクトリーを一つの方法としてご検討ください。利用者の方々が無理なく就労へつなげられることができるように支援させていただいております。

 寒さもこれからが本番です。インフルエンザなども流行りつつあるようですので、皆様お体には十分留意してください。紅葉狩りにも、温かくしてお出かけください。
【 2015/10/15 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

手話

こんにちは作業療法士石原です。
一年ぶりにまた、こちらの精神科デイナイトケアに配属されました。
久しぶりにお会いした利用者様は、お変わりなく穏やかに過ごされていました。

再度、精神科デイケアを担当することになり、新しく取り入れたプログラムはいろいろありますので、その一部をご紹介します。

今回は、手話です。
みなさんご興味はあるけれど、実際に教室にいくには抵抗があり、導入として楽しんで頂ける事を中心に行っています。
まずは、50音単語にて覚え方のポイントを説明します。回数を重ねるごとに、徐々に覚えて表現が出来るようになってきました。
手話は、手で言語化して表現することにより、お互いのコミュニケーションの向上にも役立ちますね。
基本を行った後に、歌に沿って手話をします。「四季の歌」「上を向いて歩こう」「ふるさと」などです。「世界に一つだけの花」も今後取り入れたいと思っています。

ヘレンケラー三重苦動字という手法を使用されていたそうです。外界情報が触覚しかないですが、そこから認識して生活されていた事に感銘を受けます。
時折、手話で話されている方に会いますが、どのようにかかわる事や支援ができるのか?と。自己研賛もありますが、プログラムでは、まずは基本からゆっくりと無理なく楽しくすすめていければと思います。

が深まっていますが、食欲の秋芸術の秋いろいろ楽しんでいきたいです。
季節は寒露で涼しさが寒さに変わりつつありますが、お身体を冷やさないようにみなさんも過ごしてくださいね。
【 2015/10/10 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

「新聞意見交流会」  「グループサイコセラピー」

みなさん こんにちは 精神保健福祉士の岩田です。
9月からデイケア「サンシャイン」のスタッフとなりました。よろしくお願い致します。
さて、今回お話しする内容は、普段何気なく見ている新聞を使ったプログラム「新聞意見交流会」です。
 デイケア「サンシャイン」では、経済紙、一般紙、スポーツ紙をご用意させていただいております。
 それらの記事を十分に吟味して、各々に感じたことを意見交換します。
今回は、難民問題についてのトピックが参加された皆様の印象に残ったようで、倫理的な観点や、心情的な部分の配慮などについて、落ち着いた雰囲気の中で語り合いました。

ところで、こういったグループ(集団)における治療についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。

たしかに、人は人間関係のストレスが多く、かなりの割合の悩みを抱えているのも事実です。
しかし、別の側面として、人に癒され、成長するという要素も持っています。

グループ療法の先駆者の一人であるヤーロムによると、グループ療法で効果を現している治療的な因子は11あるそうです。

① 希望をもたらすこと
同じような困難を乗り越えている他者の姿が、自分に大きな希望を与える
② 普遍性
心の疲れは、自分ひとりだけの問題でなく、誰にでも生じる普遍的なもので、分かち合えるものであることに気付く
③ 情報の伝達
助言や回復に向けての情報を得ることが出来る。 
④ 愛他主義
他の人にとって役立つことが出来る。 
⑤ 社会適応技術の発達
人と人との相互作用を通して、自分自身の傾向に気付いたり、他者の言動から学んだり、社会生活を営む為の技術を身につける。 
⑥ 模倣行動
他者の言動で、良いなと思うところを、真似したり取り入れたりする。 
⑦ カタルシス(浄化作用)
自身の感情を表現し、他者に受け入れられるという体験をすると、心の中のわだかまりを吐き出すことが出来る。 
⑧ 初期家族関係の修正的繰り返し
グループの中では、こどもの頃両親や兄弟など家族との関係で抱いていたわだかまりや葛藤が繰り返し生じるので、それを今のグループの中で修正することができる。
⑨ 実存的因子
死、孤立、自由、空虚さといったことを考え、人間の存在の意味に気付く。
⑩ グループの凝集性
受け入れ、受け入れられて、サポートしサポートされる、一体感を感じる。
⑪ 対人学習
人と人との相互作用を通して学ぶ。

いかがでしょうか。人として大切にしたいものが、関係性の中にちりばめられているのが良くお分かりになられたのではないでしょうか。

私にとっても、どれひとつ欠けても心穏やかにはすごせない11の要素といえます。

心に安定とおだやかさをもたらしたいと願われる方、デイケア「サンシャイン」でお待ちしております。

それでは、また。



引用文献
ヤーロム・A・D&ヴィノグラードフ・S(1989)/川室優(1997)、グループサイコセラピー より
【 2015/10/03 】 未分類 | TB(0) | CM(0)